読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもと一緒に楽しく学ぶ!

毎日こつこつ確実に。いつでもどこでも学びの時間!子どもと私の勉強日記。

子どもの絵

f:id:hkikoo:20170506143526j:plain
娘の描いた絵を、フォトスタジオでマグカップに印刷してもらいました。
なかなかの出来。かわいい。
私の母たちへ、母の日のプレゼントにしようと思います。

これを見た単身赴任中の夫が、すごく羨ましそうにしていたので、夫のお誕生日用に別のバージョンを作ろうかな。

小学1年生の学習習慣

GWに入り、1年生はほっと一息ですね。
我が家の1年生は御嶽山(東京)に登山に行きました。
お天気に恵まれ、気持ちの良い経験になりました。
f:id:hkikoo:20170506134846j:plain
長期連休は子どもにとってとても楽しいお休みですが、スイッチをすべてオフにしてしまうと、いざ学校がはじまった時に憂鬱な気分になってしまいます。
休み中もスイッチを切らないために、3つの事を気を付けています。

①遊びで学ぶ

草花のしくみや天気、天体や地理など遊びと絡めて学べる事はとても多くて、しかも楽しみながら身につきます。

②学べる物を持ち歩く

ポケット図鑑と書き物セットが我が家の定番。
紙と鉛筆があれば、基本どこでもなんでも出来ます。

③日課は休まない

小1の娘の日課は、日記を書くことと家庭学習ノートです。
それぞれ数分の事なので、休み中も続けます。

f:id:hkikoo:20170506140234j:plain
家庭学習については、この本を参考にしています。
学年別の取り組みポイントなどが載っていて、学びのヒントがもらえます。

f:id:hkikoo:20170506140634j:plain
大きなマスのキャンパスノートを使っています。
1冊で色々な教科を学びます。
左の「持ってカエルファイル」は使いやすくおすすめ。
f:id:hkikoo:20170506140934j:plain
家庭学習ノートの中。
学校で習った事のおさらいが多いです。

f:id:hkikoo:20170506141108j:plain
お兄ちゃんの新聞(朝日中高生新聞)の面白い記事を、一緒に読んだりもしています。
新聞は最高の教材だと思うので、良い記事は切り取っておきます。
f:id:hkikoo:20170506141420j:plain
今日の記事で面白かったのは、工事中の駅の案内板を粘着テープで作る、佐藤修悦さんの記事。

警備員さんの佐藤さんが、お客さんたちのために作りはじめた文字板。今や「修悦体」と言われるまでになった経緯が書かれています。

心がほっこりする良い記事でした。

そのうち粘着テープで修悦体にチャレンジしてみたいと思います!

子どもの収納と物選び

我が家は作り付け収納が少ないので、子どもの物は家具収納に頼っています。

f:id:hkikoo:20170421095258j:plain
少ない収納スペースに物を納めるには…
・図鑑はポケット版を買う
f:id:hkikoo:20170421095737j:plain
持ち運び用に作られているため、文庫本サイズで軽く幼児でも本棚から出し入れしやすいのが利点。
f:id:hkikoo:20170421100138j:plain
情報量も充実しているので、大人が読んでも面白い。
我が家はキャンプに行くときに、鳥・草花・冒険図鑑を持っていきます。

大型タイプは見やすく、内容も1割増しという感じですが、とにかく重くかさ張ります。
見たい場合は図書館で借りてきます。

子どもの服と収納

f:id:hkikoo:20170420112749j:plain
娘の服はリビングに置いてあるオープンな家具の中に置いています。

クロゼットの中にしまうとワンアクションで取り出せず、ハンガーにかけると手が届かないからです。

f:id:hkikoo:20170420122630j:plain
一番下は布製の引き出しを入れて、パジャマ入れとレギンス置き場に。

自分の事は自分で出来て、本人も大人も楽ですが、成長を見てクロゼットに移し変えようと思います。

子どもの物と収納

f:id:hkikoo:20170420111318j:plain
我が家には作り付けの収納があまりありません。
そのため、娘の物は家具収納に納めています。

昔買ったキャビネットは一時食器入れに、そのあと靴箱になっていた事もあります。

縦横の大きさの割には奥行きが浅いので、使いやすく、空間に置いても圧迫感がありません。

家具の圧迫感は部屋に対しての高さも重要ですが、奥行きって意外と重要です。

f:id:hkikoo:20170420111950j:plain中は…。
娘の遊び道具や工作道具など。
整理をまかせておくと、だいたいこのくらいのぐちゃっと感です。

とりあえず6歳さんには、遊び終わったらこの中に入れてね!
とだけ。
あまりきれいに!キチンと!とうるさく言うと、「しまう」行為が嫌いになってしまうと思うので。

しまってくれて空間が片付いて見えれば、私的にはOKです。

小学1年生の机まわり

f:id:hkikoo:20170420104800j:plain
娘の机は私が作りました。
と言っても、脚になる箱形の家具に板をのせただけの簡単なものです。

もとはお兄ちゃんである息子の机でしたが、中3の彼は2階の多目的ルームで勉強するようになり妹の場所になりました。

左にライトとお便りボックス
右に教科書・ノート置き場を配置。

書類ボックスは無印のシリーズで揃えています。

1年生の今は、算数と国語の薄い教科書くらいで、こんなにボックスは必要がないのですが、3年生以降テキストが増えるのを見越しての措置です。

理科・社会は資料もつくので意外とスペースが広く必要。
それと見逃せない小学校英語の授業数増加。
小学校での英語の学習時間が増える=テキストも増える。

これに加え、塾に行かせるなら塾テキストの置き場も必要になってきます。

はじめに物の居場所を確保してあげれば、子どもでもキチンと整理整頓が出来るようになります。

f:id:hkikoo:20170420105308j:plain
ファイルボックスの中。
今はまだスカスカ。

料理で学ぶこと

寒の戻りで寒い1日、雨も降ってきて外遊びが出来ず、何かしたいな~と言う娘とお料理。

大好きな煮物を作ることにしました。

こんにゃくちぎりは娘の得意分野!
スプーンでこそげながら、一口大にしてもらいます。
厚揚げ1枚を6つに切り、ゴボウ天も4つに。
人参の皮をむいて、一口大に切って。
それらを水と一緒に鍋に入れ、柔らかくなるまで煮てから味付け。
一煮立ちしたら火を止め、味を含ませて出来上がり。
f:id:hkikoo:20170331191440j:plain

人参シリシリと小松菜のお浸しも作って、副菜が三品出来ました。
f:id:hkikoo:20170331191635j:plain

料理をしていると、色々な言葉があることに気がつきます。

こそげとる
ちぎる
ふくめる
いためる
にる
たく

切り方などは

たんざく
みじん
ささがき
らんぎり…

日本語は細かい表現がたくさんあって、すごいな~と改めて感じます。